2015年02月20日

古都にある錯視(2)

ちょっと前のエントリーの続き、
古都にある錯視その2です。

bisyamon.jpg
京都山科にある毘沙門堂、ここに古典的錯視作品があると伺ったので
ちょっと見学させていただきました。

ここにある狩野益信の宸殿襖絵、圓山応挙の板戸の衝立、
狩野永叔主信の天井龍、それぞれが
錯視のテクニックを使って描かれているそうです。
残念ながら撮影禁止とのことで写真でご紹介が出来ません。

実物を拝見した所、正直現在の進化した錯視にくらべ
少々効果は弱いように思いますが
数百年前から錯視を意識した作品があるというのは驚きますね。
それでも一番効果があったかな?というのが狩野益信の宸殿襖絵。
絵のキモはたぶんこれかな?という絵の中の文机をちょっと再現。

bisya2.jpg

どうですかね?逆遠近法で左右から見ても
鑑賞者が中心になると言いますが・・・。
興味のある方は一度訪ねてみてはいかがでしょう?
京都 山科 毘沙門堂

↓他にも錯視やだまし絵作品を多数展示中。
錯視、トリックイラスト、だまし絵制作のおまけたらふく舍





posted by おまけたらふく舍 at 17:50| Comment(0) | 現代アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。