2014年10月11日

顔に見える錯覚(自然の造型)

前々回のエントリー
顔に見える錯覚「シミュラクラ現象」を扱いました。

今回は同じく顔に見える錯覚ですが
自然の造型の中の錯視を扱います。

kani.jpg

これは有名なヘイケガニの仲間のキメンガニです。
甲羅の造型が文字通り「鬼面」に見えます。
その造型がシミュラクラ現象やパレイドリア効果を
起こさせているものと考えられます。
何故このような形に進化したのかは謎ですね。

錯視、だまし絵、トリックイラストのおまけたらふく舍でした。




posted by おまけたらふく舍 at 13:44| Comment(0) | 現代アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。