2014年09月27日

顔に見える錯覚!

今日は久しぶりに「顔に見える」錯視、
いわゆるシミュラクラ現象について。

出かける時はなるべくカメラを持ち歩いて
街中で「錯覚」を探すようにしているのですが
ちょっと傑作が撮れたのでご紹介。

bananabox.jpg

段ボール箱なのですが、
もう「顔」にしか見えません。
典型的なシュミラクラ現象という錯視です。
これ、バナナが入っていた箱だそうです。

錯視、だまし絵、トリックイラストのおまけたらふく舍
でした。



posted by おまけたらふく舍 at 22:51| Comment(0) | 現代アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月21日

写真を使ったステレオグラム

いままでイラストを使って
ステレオグラムを作ってきていますが
今回は写真によるステレオグラムを
作ってみました。

stereo003-2.jpg

この画像にはバイクが「二台」見えます。
これが「三台」に見えるよう
目のピントを合わせてみて下さい。
感覚的には下記図のように
対象物の「向こう側」を見つめる感じです。
howto3d.png

うまくいくと「真ん中のバイク」が
ものすごく立体的に見えるはずです。

このステレオグラムは
右目からの画像情報と左目からの画像情報を
脳が処理する仕組みを騙して作り出されています。


錯視、だまし絵、トリックイラストのおまけたらふく舍でした。
posted by おまけたらふく舍 at 16:20| Comment(0) | 現代アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月14日

色の対比を利用した錯視

今日のエントリーは
色の対比を利用した錯視アートです。

cat&swallow.jpg

画像の中のツバメとネコ、
実は全く同じ色(濃さ)なんです。
人間は対象物を常に周囲の状況と比較して認識しています。
この場合ツバメ、ネコをそれぞれ背景の
チェッカー模様の色と対比して認識しているのです。
錯視現象には、こうした周囲との比較により
発現するものが多いのです。

錯視、だまし絵、トリックイラストのおまけたらふく舍でした。


posted by おまけたらふく舍 at 14:48| Comment(0) | 現代アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月07日

かくし絵の新作

以前から、縦格子を利用したかくし絵を作ってきました。
例えばこんなタイプ。

love.jpg

画像を左右に振る、あるいは顔を左右に振ると
ハートの形の中に「あるもの」が見えてきます。

さて、縦格子以外にこういった技法は
なんとか作れないか?と
いろいろ試行錯誤してみた結果、
こんな物が出来ました。

swallow.jpg

この騙し絵、どうやらうまく行ったようです。
新しいタイプの錯覚アートと言えるかな?

錯視、だまし絵、トリックイラストのおまけたらふく舍でした。
posted by おまけたらふく舍 at 12:19| Comment(0) | 現代アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。